Kanno Jigoku, Kokonoe
Kanno Jigoku, Kokonoe
Kanno Jigoku, Kokonoe
Kanno Jigoku, Kokonoe
Kanno Jigoku, Kokonoe
+ 16 lainnya
Ryokan

Kanno Jigoku

Kokonoe

Review

Tripadvisor
Dari 31 review
Review yang paling membantu
onsenzuki5791
17 Mar 2019 - Pasangan
冷泉を雑誌で見て興味を惹かれて宿泊。 冬でも足湯はできると聞いて、到着後さっそく足を浸けに。硫黄の香りが充満していて、毎分2000Lの温泉が湧いています。 冷たいだけでなく、ビリビリとします。2分ほどでこのビリビリはなくなるとのことで、確かにマシになる気はするのですが、とにかく冷たいっ。あまり長くは我慢できませんでした。真夏でも厳しそう。 飲泉もできます。 お部屋は新館を予約しました。黒が基調でシックな感じです。お布団はしいてありました。洗面所はありますが、トイレは共用です。場所によって水洗だったり、そうでなかったりします。 貸切風呂が三ヶ所と大浴場があります。 さっそく貸切風呂へ。 お湯は薪で沸かしてあります。冷泉ほどは硫黄臭はしませんでした。湯の花がチラチラ。 宿泊者にはゆで卵のサービスもありました。 夕食は18時30分からです。 てっきり山の料理が出てくるのかと思ったら、まあオシャレ。見た目も味も凄く良くて、びっくりしてしまいました。何を食べても美味しい〜。 朝は8時からで、こちらも本当に美味しかったです。ヨーグルトも手作りされているとのこと。 フロント横ではコーヒーも頂けます。 大浴場は男性1、女性1で、朝入れ替わります。貸切風呂もですが、夜は22時30分まで、朝は6時からです。夜通し入りたいところですが沸かしているので仕方ないのでしょうね。 女将さんは気取らないさばさばした感じの方ですし、到着時にはお布団はしいてあって、食事は食事処なので、誰かが部屋に来ることもなく、心地よい距離感のお宿だなぁと思います。 残念だと思うのは、大浴場の湯温でしょうか。大きな湯船の半分のところに木を渡してあり、湯温を変えているのだと思うのですが、ほぼ同じ温度であること。また、同じく大浴場に小さな湯船でちょっとぬるい冷泉があるのですが、これが本当にちょっとなので、3月だったこともあり浸かれないのです。 せめて大きな湯船がもう少し湯温が高ければ温まって冷泉に入れるかも。もしくはちょっとでなく大分ぬるければ温冷浴が楽しめるのになぁ〜。 とはいえ冷泉やお食事、秘湯感漂うお宿の風情で楽しめました。
NORI0908
08 Jun 2019 - Wisata sendiri
夏場の冷泉が有名ですが、6月でも十分温泉を味わえました。大浴場には湯船が3つあり、1つは少し温めた冷泉。それでもこの冷泉は強敵です。何度かチャレンジしましたが、肩まで浸かることはできませんでした。家族風呂は表札管理で空いていれば一人でも入浴可です。 食事は美味しく量も手頃です。ただ、トイレの共同はやはり不便でした。
yamamuda
03 Jul 2019
お風呂も良いし、食事も良い。また泊まりたい。静かでレトロな部屋も良い。霊泉は飲むとお腹の具合がよくなります
Tcone2
06 Jul 2020
寒の地獄旅館。 旅館名に地獄が入っていることもあり絶対この旅館に泊まるんだという想いを胸に大分までやってきました。 秘境感たっぷりの旅館は雰囲気もさることながら旅で疲れた心を鷲掴みにしてくれます。 寒の地獄の名がつけられた由来でもある冷たい温泉がこの旅館の最大の醍醐味です。 温度が12℃〜14℃と冷えた冷鉱泉は7月〜9月の夏期限定ですので利用する際は注意が必要です。温度だけ聞くと平気だろうと思いがちですが普段利用しているサウナの水風呂より低い温度ということを知り入浴するのに躊躇う場面も。 混浴ではありませんが水着を身につけて入浴するのがルールです。 こうでもしないと冷鉱泉の冷たさが肌にダイレクトにあたり悶絶必須だからなのだそうです。足からゆっくり湯船に入れていくと冷たさがつま先から身体中に伝わります。 慣れてきたところでつい身体を動かしてしまったが最後。冷たさの波が再度襲ってきます。 女将さん曰く「20分入浴して、40分ストーブであたたまるとよい」とのことでした。 まるでサウナの逆を走るような入浴スタイル。これはとても貴重な体験をすることができました。 束の間の休息。 湯上り後の囲炉裏端でいただいたビールとゆで卵がとてもおいしかったです。 そして食事が美味しかったことが最大の収穫でした。おかずの種類が多くお腹いっぱいになりました。お酒の種類も多く日本酒の飲み比べが美味してく楽しかったです。 家族経営であることもプラスです。真心のこもった暖かいもてなし。 非常に良い旅館でした。
Venture806823
03 Agt 2019 - Wisata sendiri
九重にある足元湧出の13度の冷鉱泉がある旅館。立ち寄り入浴で利用させていただきました。冷鉱泉は、夏場のみ。入浴料は700円です。水着着用で入浴します。痛いくらいの冷たさ。透明な温泉はまさに霊泉です。宿の方によれば20分入浴して、40分ストーブであたたまるとよいとのこと。頑張って20分入浴しました。子供さんなどお客さんがひっきりなしです。我慢比べみたいな感じです。震えがきたら、でてくださいとのこと。肌がさっぱりして、身体に温泉水が染み入る感じがします。まさに霊泉だと思います。
Lokasi
257 Tano, Kusu, Kokonoe, Oita, JP
maps
1
Malam

Tentang Akomodasi

Waktu check-in & check-out
Waktu check-in:
15:00-18:00
Waktu check-out:
10:00
Mau check-in lebih awal? Atur waktu check-in dengan pihak akomodasi.

Kebijakan

Deskripsi

FAQ
Di mana alamat Kanno Jigoku?
Kanno Jigoku beralamat di 257 Tano, Kusu, Kokonoe, Oita, JP
Pukul berapa waktu check-in & check-out di Kanno Jigoku?
Waktu untuk check-in di Kanno Jigoku adalah mulai dari pukul 15:00-18:00 dan waktu check-out paling lambat pukul 10:00
Apa saja fasilitas yang tersedia di Kanno Jigoku?
Fasilitas yang tersedia dan bisa kamu gunakan di hotel ini adalah (beberapa fasilitas mungkin perlu biaya tambahan):
  • Wifi
  • Parkir
  • Lift
  • Fasilitas Anak
Fasilitas
Fasilitas Populer
Wifi
Parkir
Lift
Fasilitas Anak
Olahraga, Spa & Rekreasi
Taman
Fasilitas Umum
Lift
Properti bebas-rokok
Info
Tidak tersedia boks bayi
Tidak tersedia tempat tidur ekstra
 

Review

Oops, belum ada review nih
Ayo menginap di akomodasi ini dan kasih tahu pengalamanmu dengan menulis review.
4.5
Dari 31 review
Kebersihan
4.5
Kamar
3.5
Lokasi
3.5
Layanan
4.0
Nilai
4.0
Pasangan
6
Keluarga
6
Wisata sendiri
7
Berlibur dengan teman
6
Bisnis
0
onsenzuki5791
17 Mar 2019 - Pasangan
冷泉を雑誌で見て興味を惹かれて宿泊。 冬でも足湯はできると聞いて、到着後さっそく足を浸けに。硫黄の香りが充満していて、毎分2000Lの温泉が湧いています。 冷たいだけでなく、ビリビリとします。2分ほどでこのビリビリはなくなるとのことで、確かにマシになる気はするのですが、とにかく冷たいっ。あまり長くは我慢できませんでした。真夏でも厳しそう。 飲泉もできます。 お部屋は新館を予約しました。黒が基調でシックな感じです。お布団はしいてありました。洗面所はありますが、トイレは共用です。場所によって水洗だったり、そうでなかったりします。 貸切風呂が三ヶ所と大浴場があります。 さっそく貸切風呂へ。 お湯は薪で沸かしてあります。冷泉ほどは硫黄臭はしませんでした。湯の花がチラチラ。 宿泊者にはゆで卵のサービスもありました。 夕食は18時30分からです。 てっきり山の料理が出てくるのかと思ったら、まあオシャレ。見た目も味も凄く良くて、びっくりしてしまいました。何を食べても美味しい〜。 朝は8時からで、こちらも本当に美味しかったです。ヨーグルトも手作りされているとのこと。 フロント横ではコーヒーも頂けます。 大浴場は男性1、女性1で、朝入れ替わります。貸切風呂もですが、夜は22時30分まで、朝は6時からです。夜通し入りたいところですが沸かしているので仕方ないのでしょうね。 女将さんは気取らないさばさばした感じの方ですし、到着時にはお布団はしいてあって、食事は食事処なので、誰かが部屋に来ることもなく、心地よい距離感のお宿だなぁと思います。 残念だと思うのは、大浴場の湯温でしょうか。大きな湯船の半分のところに木を渡してあり、湯温を変えているのだと思うのですが、ほぼ同じ温度であること。また、同じく大浴場に小さな湯船でちょっとぬるい冷泉があるのですが、これが本当にちょっとなので、3月だったこともあり浸かれないのです。 せめて大きな湯船がもう少し湯温が高ければ温まって冷泉に入れるかも。もしくはちょっとでなく大分ぬるければ温冷浴が楽しめるのになぁ〜。 とはいえ冷泉やお食事、秘湯感漂うお宿の風情で楽しめました。
NORI0908
08 Jun 2019 - Wisata sendiri
夏場の冷泉が有名ですが、6月でも十分温泉を味わえました。大浴場には湯船が3つあり、1つは少し温めた冷泉。それでもこの冷泉は強敵です。何度かチャレンジしましたが、肩まで浸かることはできませんでした。家族風呂は表札管理で空いていれば一人でも入浴可です。 食事は美味しく量も手頃です。ただ、トイレの共同はやはり不便でした。
yamamuda
03 Jul 2019 -
お風呂も良いし、食事も良い。また泊まりたい。静かでレトロな部屋も良い。霊泉は飲むとお腹の具合がよくなります
Tcone2
06 Jul 2020 -
寒の地獄旅館。 旅館名に地獄が入っていることもあり絶対この旅館に泊まるんだという想いを胸に大分までやってきました。 秘境感たっぷりの旅館は雰囲気もさることながら旅で疲れた心を鷲掴みにしてくれます。 寒の地獄の名がつけられた由来でもある冷たい温泉がこの旅館の最大の醍醐味です。 温度が12℃〜14℃と冷えた冷鉱泉は7月〜9月の夏期限定ですので利用する際は注意が必要です。温度だけ聞くと平気だろうと思いがちですが普段利用しているサウナの水風呂より低い温度ということを知り入浴するのに躊躇う場面も。 混浴ではありませんが水着を身につけて入浴するのがルールです。 こうでもしないと冷鉱泉の冷たさが肌にダイレクトにあたり悶絶必須だからなのだそうです。足からゆっくり湯船に入れていくと冷たさがつま先から身体中に伝わります。 慣れてきたところでつい身体を動かしてしまったが最後。冷たさの波が再度襲ってきます。 女将さん曰く「20分入浴して、40分ストーブであたたまるとよい」とのことでした。 まるでサウナの逆を走るような入浴スタイル。これはとても貴重な体験をすることができました。 束の間の休息。 湯上り後の囲炉裏端でいただいたビールとゆで卵がとてもおいしかったです。 そして食事が美味しかったことが最大の収穫でした。おかずの種類が多くお腹いっぱいになりました。お酒の種類も多く日本酒の飲み比べが美味してく楽しかったです。 家族経営であることもプラスです。真心のこもった暖かいもてなし。 非常に良い旅館でした。
Venture806823
03 Agt 2019 - Wisata sendiri
九重にある足元湧出の13度の冷鉱泉がある旅館。立ち寄り入浴で利用させていただきました。冷鉱泉は、夏場のみ。入浴料は700円です。水着着用で入浴します。痛いくらいの冷たさ。透明な温泉はまさに霊泉です。宿の方によれば20分入浴して、40分ストーブであたたまるとよいとのこと。頑張って20分入浴しました。子供さんなどお客さんがひっきりなしです。我慢比べみたいな感じです。震えがきたら、でてくださいとのこと。肌がさっぱりして、身体に温泉水が染み入る感じがします。まさに霊泉だと思います。
Kamu sudah melaporkan review.
Kami butuh beberapa saat untuk memperbaiki sebuah masalah. Silahkan coba sesaat lagi.
Kamu sudah pernah melaporkan review ini, dan laporanmu sedang dalam pengecekan.
Yay! Kamu berhasil log in.
Kamu sudah melaporkan review.
Kami butuh beberapa saat untuk memperbaiki sebuah masalah. Silahkan coba sesaat lagi.
Kamu sudah pernah melaporkan review ini, dan laporanmu sedang dalam pengecekan.